スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリ してる。


久しぶりすぎて ブログのやり方をすっかり忘れてしまいました。
いつも画像が大きすぎるので縮小していたけれど
全く思い出せないのでテキトーに・・・


B太郎さんは枝に掴まってるようなフリをしているだけの状態になってきましたが
自分でごはんは食べれてます。
ただ自分の意思で水を飲もうとする回数が減ってるので
状態を見ながら特別な方法で飲ませてます。
って全然特別な方法でもないんですけど
マネして死んじゃいましたなんて言われたら困るので。

たかが水でもムリに飲ませるのは危険です。
(・-・*)ヌフフ
ちょっと立派な飼育者のフリをしたところでおしまい。

遅くなりましたが 
今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

ケージに閉じ込めたことを反省。


B太郎 怒りながら寝てました。

握力もなくなってきて 枝から落っこちることが多くなったので
私が留守の時はケージから遊び場まで 行かせないようにしていました。
普通のことというか自分のケージだけで過ごしていただけのことですが
下の方でじっど動かず 昼間でも目を閉じてしまい
具合でも悪いのかと心配してしまうほどでした。
たぶん、ケージに閉じ込められた感があってふてくされていたんだと思います。

IMG_0404.jpg
そこでケージの下に金網のネットを挟んでケージから出れるスペースを作りました。
この単純な発想が思いつかず色々なことをしてみたのですが(そこは省略)
結果、これで落ちつきました。
IMG_0428.jpg
数日前にはそのネットに枝を巻きつけました。
この季節はカメがケージから脱走しているので
その枝に掴まりながらカメを見張り いつものお節介が復活しました。
そして画像のように そのまま寝てしまうこともあるので
夜にはケージに戻ってもらいます。


お節介な性格の子からお節介を奪ってしまうという
間違った飼育をしてしまったことを反省してます。(;・∀・)

右手だけ。


掴まる力も弱くなったけどー
寝るときにしっぽがくるくるってならなくなったけどー
IMG_0129.jpg
おじいさんだって脱皮はするんだぞー。

右手だけだけど。。。

お祝いはエサを+2匹。


6年前の今日 私は何をしていたか思い出せないけれど
そんな日、まだ私と出会う前のB太郎がブリーダーさんのところで産まれた日です。
お互い まさかうちの子になるとは思っていなかっただろうに。。。
色々な偶然が重なって 出会えたことがとてもうれしいです。
たくさんの はちゅ仲間さんと出会えたのもB太郎のおかげだし
それがきっかけで うちにいる はちゅのみなさんも増えて
今ではひとり親なのに扶養家族がいっぱいな状態ですけど。

IMG_0090.jpg

特別なことはできないけれど せっかくのお誕生日なので
コオロギを 2匹多めにあげました。
今でも食いしん坊なところはかわりません。
舌も伸ばして自分で食べれてます。
歩く量が減ったので 今まで短すぎた爪が伸びてきました。
短い爪に悩んでいたこともあったので
うれしいような なんというか よくわからない気持ちですが。

これから先もB太郎らしく生きてもらえれば 
私はもうそれで十分です。
先のことはあまり考えないようにして
今日が元気なら それで良し!

おじいさんの生活。


最近はケージに戻ることは少ないけれど こんな感じです。
枝に掴まってはいるけれど 座ってる感じ・・・。 
P1011628.jpg
だけど 私に見られると普通のカメレオンらしくしてみたり。。。
今は すべってずり落ちることが多いので尻尾に頼りっぱなしです。
それでも落っこちることもあるので ケージの中に布を置いたり
遊び場の枝の下には クッションやタオルを置いてもしものときに痛くないようにしてます。
B太郎をケージに入れっぱなしにしとけばと思われるかもだけど
今までそうしなかったので 急に飼育環境を変えてしまうことが怖くてできません。
遊び場での楽しみを奪ったら 生きることをあきらめてしまいそうで・・・。
P1011631.jpg
最近のお気に入りはこのポトスの場所です。
細くて掴まりやすそうだし もしずり落ちても葉っぱがクッションになってくれます。
P1011635.jpg
でもお気に入りの1番の理由は コオロギのプラケがあるからだと思います。
右側に少し見えてるネットの中にプラケがあります。
ネットに入ってるので 見えないはずなんだけど
食欲だけは相変わらずなのでここで見張ってるんだと思います。

| はちゅはちゅ?N0.2ホーム | 次ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。